読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記

20代OLの日記 のん子と申します

おすすめの本(仕事編)

ブックオフで購入した為、著者には大変恐縮ではあるが、私が今まで読んだ仕事向けの本の中で一番役に立ち、最も納得できる内容が書かれた本だ。中身を少し紹介したいと思う。

続きを読む

転職しました

去年の12月中旬から転職活動を始め、無事2月中旬に内定をもらい転職活動が終了した。そして今月からいよいよ新しい会社に勤めることとなる。

振り返ると短期間でハードスケジュールな転職活動だった。以前転職活動した時は会社を辞めて二か月間転職活動をしたから、在職中に転職活動をしたのは初めてだった。面接も遅い時間から対応してくれる企業が多かったり、都内で働いているおかげもあり、仕事終わりに面接へ行ける機会も多くあって大変助かった。

 

書類選考20~25社、面接10~15社、内定3社……今回内定をいただき、転職を決意した企業の面接は私が今まで面接してきた中でかなりの強敵だった。

続きを読む
広告を非表示にする

現状の転職活動について②

今月、二社面接に行き来週は4社面接が入っている。そのうち1社は内定が決まっている。最後の条件面談、質問事項等の確認をする機会である。その面談を受けたからといって内定を承諾したということではない。あくまでこちら側に選ぶ権利がある状態である。現在、4社のエージェントを使っている。来週はそれぞれのエージェントが紹介してくれた各企業と会うことになる。

何度も言うようだが、私は最終面接で落とされた本命の企業が忘れられないのだ。理由を上げると、

・誰もが知っている某大手のグループ会社

・仕事内容もキャリアアップ

・年収も今より100万アップ

・育児休暇はもちろん、長期労働における諸々の手当がついている

他の企業と比べてしまうと、かなり秀でている部分がある。だからこそ、面接を三回してSPI試験を休日会場で受ける等、試験内容も濃厚だった。見送りの電話が来た時、やっぱりな……と思いつつ悔しくて堪らない気持ちが込み上げ泣きそうだった。しかし、落ちた理由を聞くと悔しさに変わった。“社風に合わない”“苦労してきたことを話してくれたけど、そんなこと誰もがやってくること、特別なことはない”など、あー私の言葉選びや伝え方が悪かったんだな、と思いつつ悔しさが上回った。人事の方は某大手からグループ会社に来た人で何百人も選考をしてきた人だ。そんな人が好評価をくれたのに、社長に気に入られなかったなんて。『人事の方はのん子さんを高く評価していましたよ。気を落とさないでほしいと、仰っていました』とエージェントから言われた時、それでも私の意志は通じなかったんだな、と唇を噛み締めた。

そして今に至る。

続きを読む

親知らずについて(上の歯)

二年かけてやっと親知らずを全て抜き切ったので、その記録を残す。

前回は下の歯だったので、今回は上の歯編。

 『上の歯は下よりだいぶ楽だよ~』

 確かに神経等の痛みは下より無く、痛みも早く引いた。問題はそこじゃなかった。

 

続きを読む

最近思うことを箇条書きにしてみた

・『早く彼氏作りなよ〜』→そもそも彼氏作りは早さを競うものではない。
・『ゆっくりでいいんだよ、ゆっくりで』→ばあちゃんになったら嫌でもゆっくりになるから今のうちにスピードをつけたい
・『ああめんどくさい』→お前がな
・『私、そういうとこゆるいんで許します❤︎』→頭のネジがな 
・『プライベートも仲良し!』→プライベートも強制的な付き合い 
・『私以外私じゃないの』→そうだな
・『俺の女、って言われたの❤︎』→既婚者にな
・『死にたい』→とりあえずココア飲もうか
・残業が一番したくない 
・でもキャリアを積み上げたい
・痩せたい
・髪ハゲたらどうしよう
・兄貴、いつ9万円返してくれんだよ。
・朝、起きる一時間前に暖房つけとくと、朝あったかいし起きられる
・やりたいリスト100は結局100にいかないまま終わった
・好きな人欲しい
・好きな人と恋人になり夫婦になり独占欲丸出しセックスしたい

新規転職エージェントD社に行ってきた。

本日、仕事終わりに新たなエージェント社に行ってきた。担当は……残念ながら2年前お世話になったインテリお姉さんではなく、同じ歳くらいの少々化粧が濃いめの女性だった。

紹介された求人数は50くらい。残業時間も丁寧にかかれている(40時間以上の求人はこの時点でよける。あと代理店関係も)そのうち10社くらいを書類選考へ。

エージェントが歳の近い同性ということもあり、私の人見知りが作動。早く終われと願った。所要時間は約一時間半。

最後、書類がたくさんあったのに手提げ袋をくれなかった点と帰り表玄関が閉まっていることを教えてくれなかったあたりは不親切だ。おかげでビルから出れなくて挙動不審になった。それに比べると某大手のA社は完璧だ。だが、内定を一度辞退したきり連絡来ないから完璧嫌われたな。

そして結局今日BOSSに3月末退職を言えなかったから、明日言う。

親知らずについて(下の歯)

私は今まで生きてきた中で耐えがたい肉体的な痛みを感じたことが何度かあった。その中で順位を決めると、

 

3位 盲腸の術後

-術後の起き上がれないあの鈍痛、思わずトイレを諦めおもらししちまおうかと思ったくらいだ。

2位 唾石症の手術

-口の中に尿結石と似たような結石が出来て唾液が出なくなり首が腫れる病気。手術をする際の下の裏側に打った麻酔や舌を布を這うように糸を通された時は痛みで気絶するかと思った(後々この話をすると、皆に麻酔が効いてなかったんじゃないかと言われる)

 

そして堂々の1位は親しらずの抜歯だ。

 

以下、怖がらせる気もオーバーに書いたつもりもない親しらずの抜歯について記録する。

 

あと、これから抜く人に言いたい。

 

・痛み止めはすぐ飲め

・出来るだけ安静に、休めるなら会社を休め

・ご飯は食べやすいものを食べろ。食べないと体力が落ちる

・寝る時は頭を高めにして寝ると良い。横向きは腫れた顔に負担がかかるからやめろ

 

続きを読む