読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記

20代OLの日記 のん子と申します

青天霹靂(小話)

ヒールを折り、

ストッキングを引き裂き、

裸足で歩きたい日があるはずだ。

きっと多分、誰にでも。

 

 電車のドアに寄り掛かりながら窓に映る自分を見て溜め息が出る。慣れないヒールを履いたのも普段より時間をかけて化粧をしたのも、前日に髪や身体の手入れを念入りにしたのも、今日というたった1日の為だったというのに。

 

窓に映る自分はお姫様でも何でもなく、誰からも必要とされない女だった。

 

「〇〇さんと××さんって付き合って何年くらいだろうね?」

食堂で昼を食べている時に聞こえた声、甲高い女の声には噂好きの性格が滲み出ていた。けれど、私は彼女が言った内容に動揺が隠せず視線が微かに揺らぐのが自分でも分かった。箸を持つ手が震える。

 

「私たちが入社する前からじゃない? 本人達隠してるつもりでもバレバレだよね」

「社内恋愛を隠せるわけないのにね~」

髪が口に入らないよう耳にかけ麺をすする、何にも味がしなかった。

 

何も知らないのは私だけだった。

 

 会社の飲み会が始まってすぐにお酒が呑めないと公言しておけば良かったと後悔した。周囲の人たちは空になったグラスへどんどん注ぎ足し飲んでいく。ビールがなかなか減らないのは私だけだった。一口飲んだだけなのにもう気持ちが悪くなっている。

 

「大丈夫?」

隣に彼がいたことに気づいていなかった為、声が横から聞こえて驚いた。私は声が出ずにゆっくり頷いた。私のグラスを持ち彼はそのまま中身を飲み干した。

「すみません、ウーロン茶ください」

彼は堂々とした声で店員に注文した。私は何を言えばいいか分からず黙ったままだった。

「呑めないなら呑めないって言えばいいのに」

「すみません……」

「やっと喋った。死にそうな顔してたから」

声だけでは酔っているのか分からない。でも、優しく笑う彼の顔を見て安心したのを覚えている。

 

 同じ会社にいれば毎日顔を合わせる、接点を作ろうと思えばいくらでも作れる。少しタイミングを合わせて彼のいるコピー機に行ってみたり、近い席でお昼を食べてみたり……少しでも彼の視界に自分を入れたくて必死だった。

 

「今日ヒール履いてた? 珍しい」

いつもパンプスかスニーカーしか履かない私がたまたまヒールが少しある靴を履いて出勤した時、彼が自然に声を掛けてきた。

 

「やっぱり雰囲気が変わるな。いいと思うよ」

 

 会社の飲み会が終わり、店の前で解散をした。私はかかとの痛みに耐えながら髪を手で梳かし彼の姿を探した。これから二人で、と心の中で何度も練習した台詞を唱える。でも、彼に伝えることはできなかった。

 

視界に入る彼の横には私ではない女性がいた。誰が見ても二人が恋人同士であることが分かるくらい、二人の距離は近かった。私は逃げるようにヒールを鳴らしながら地下鉄へ駆けて行った。

 

 扉が開きホームへ降りる。履いていた靴を脱ぐと親指がストッキングから剥き出しになっていた。がたがたに塗られたマニキュアが私のようでばかばかしくなる。

いくらでも変われると思っていた、変わったら彼が振り向いてくれると思っていた。あんな優しい表情を私にだけ向けてくれると思っていた。

 

何も始まっていないのに、私は負けていた。一方的な恋に舞い上がってとても惨めで、悲しくて、悔しかった。

 

ヒールを脱ぎ裸足のまま歩く、背伸びをやめた夜だった。

 

 

※フォロワーさんからいただいた #いいねした人が1冊の本だとしたら最初の1行には何と書いてあるか考える を元に書きました。ありがとうございます。

広告を非表示にする

映画3月のライオンの感想(神木隆之介でよかった)※ネタバレ注意

神木隆之介に演じてもらいたいキャラクターといえばるろうに剣心の瀬田宗次郎、そして3月のライオンの桐山零だった。だからここで私の夢がもう叶ったということになる。

 

今回の記事では実写映画『3月のライオン』と原作漫画との比較、映画の感想について書いている。ネタバレもしている為、まだ見ていない方は注意してほしい。

 

後編では私個人の納得がいかなかった点も自分勝手に書いている為、映画ファンや原作ファンの方々が不快になるかもしれない。ただ、一つの意見として読んでほしい。

 

■全体を通して実写映画『3月のライオン』の魅力とは?

  • 原作イメージを崩さないキャスト
  • その中でも神木隆之介が見事桐山零を演じている
  • 建物や景色が忠実に再現されている。色合いがとても鮮やか
  • 将棋を指すシーンは緊迫した戦いに見える時もあれば、美しい儀式にも見えたり音とカメラワークが印象的だった

 

神木隆之介ってこんなに演技が上手かったっけ?と思うほど、彼は見事に桐山零を演じていた。とあるインタビューでこの映画の主演をするにあたり、一番難しかったシーンを聞かれた時、彼の答えは私が予想していた将棋の対局シーンではなかった。

 

『それは歩くシーンですね。台詞がない分、表現をするのは難しくて……だから桐山零だったらどうやって歩くか意識して演じました』

 

前編の桐山零は少し猫背気味で俯き加減気味だ。しかし、後編になると前を向き始め歩き方もしっかりしている。走るシーンを見れば一目瞭然。神木隆之介は試写会で前編と後編で桐山零が自信をつけ始めたことを歩きシーンで表現したと言っていた。

 

※ここから原作も映画に関してもネタバレしているので注意※

 

続きを読む

ピカチュウ vs 伝説のポケモン ホウオウ②

上野を歩いていると思い出してしまう。たった数時間一緒にいて街を歩いただけなのに、いつまでも色褪せることなく昨日のことのように記憶に残ってしまう。何年経ってもそれは変わらない。

あの時、私がもう少しレベルが高ければ、でんこうせっか以外に10まんボルトとかかみなりとかみずタイプとひこうタイプを一発で仕留めることが出来る技を持っていたら、結果は変わっていただろうか。その答えは多分NOだと思う。結果は変わらない。

心と環境のミスマッチはどうあがいても変えることはできない。

私と入江君、ピカチュウ vs 伝説のポケモン ホウオウの後編を書こうと思う。

続きを読む

ピカチュウ vs 伝説のポケモン ホウオウ①

言い訳ではないが、悪あがきとして私の恋愛観を少しだけ書いてみる。私は熱しにくく冷めにくいという、恋愛において一番無駄な時間を費やしてしまう体質だ。しかも、入社して三日で告白してくる離婚調停中の男や、誕生日にユリの球根を植えた推定重さ3kgある鉢植えを贈ってくる自称ピアニストの男や、縦書きの便箋6枚に私がどれだけペコちゃん人形に似ているか綴った手紙を接客中によこしてくる男……など、前世で何か過ちを犯したのかと思うくらい変わった男性に好かれることが多い。そして私自身、恋愛に対して積極的ではなく物心ついた時から二次元に中途半端にはまり家で引きこもって漫画を読んだり絵や小説を書いたりする女子だった。

そんな私も二十歳を過ぎ、社会の荒波に揉まれ様々な経験をしてきた。そして、二十三歳の時、まだ咲いてもいないのに萎れたこの心をオアシスの水の如く潤してくれた青年がいた。それが水泳の入江選手にそっくりな通称“入江君”だ。(決して本物の入江選手ではありません。入江選手、オリンピックお疲れ様でした)

続きを読む

コスパが良い商品(美容品)

長年愛用しているものや、値段のわりに便利・効果を発揮してくれる商品をまとめた。

続きを読む

買って良かったもの(無印良品)

一昨年くらいまで私は無印良品で買い物をした経験がなかった。理由は二つある。一つ目はシンプルなくせに高いイメージがあったから。二つ目は単純に興味がなかった。しかし、今となっては週に1回は近所にある無印良品に行くようになった。きっかけは私が以前勤めていた職場の後輩が無印に転職したことから始まった。先ほど伝えた通り、私はそれまで無印良品に全く興味がなかった。後輩が無印で働くことによって、自然と近所の無印に足を運ぶようになった。後輩はもちろん無印良品がとても好きで、売れ筋やおすすめの商品を教えてくれることも多々あった。無印良品で商品を買うようになってまだ1年弱の私だが、勝手ながら無印良品で買ってよかったもの、無印良品の良いところを紹介しようと思う。

続きを読む